借金返済している方注目!過払い金って知ってる?【弁護士に相談】

返済中と完済後の違い

本

ブラックリストに注意

過払い金返還請求の手続きは、本来であれば借金返済が終了してから行う手続きなのですが、借金返済中であっても行うことができるのです。借金返済中のまだ残高がある方が、過払い金請求の手続きをする際の注意点は、ブラックリストに登録されてしまはないかどうかです。残高が100万円あって、過払い金が30万円あったらその金額満額請求出来れば残高は70万円になります。残高が残ってしまうということは、任意整理の手続きになります。そのため信用情報には契約見直しの事故情報が登録されてしまう、いわゆるブラックリストに載ってしまうということなのです。完済をしてから行う手続きであれば、信用情報は関係ないです。そのため、完済をしてから請求手続きをするほうが有利なのですが、現在の借金返済が厳しいという方にとっては返済中に行った方が今後の返済が楽になるというメリットがあります。しかし、返済中の方が借入先に過払い金返還請求しまうといっても督促が止まるわけではないです。交渉をして成立しなければ、それまでの利息は貯まりに貯まっていますので返済再開したときには借金が膨らんでいることになります。不利な条件になってしまうこともあるので、過払い金返還請求手続きは弁護士などの専門家にお願いをしたほうがよいです。弁護士に依頼するメリットは、受任通知を発送しますので督促を止める効果があります。また、過払い金を請求したが減額するだけにとどまった債権は今後利息がかからないようにすることもできます。

Copyright© 2018 借金返済している方注目!過払い金って知ってる?【弁護士に相談】 All Rights Reserved.